よくばりさんのままでいこう

経験が加わった道具だけが、汚れを落とせる。経験が加わった道具だけが、汚れを落とせる。

大切なのは
汚れの落とし方を知ること

カジタクのハウスクリーニングは、
花王プロフェッショナルサービス社と共同選定した洗剤を使用※しています。
でも、道具は見たところ、どこにでもあるような道具も多く含まれています。
作業中に行っていることも、一見すると洗剤でつけ置きをしたり、
こすり洗いをしたり、よく見る光景に思えます。

大切なのは、道具をどのように使えば汚れが落ちるのかを知っているか。

例えば、ヘラを使って汚れの表面をこすっているように見えるのは、
「汚れに傷を入れることで洗剤が汚れを奥まで浸透させる」ためであり、
レンジフードの油汚れを何度も洗うのは、
「一度にこすり取ろうとする力が強すぎて塗装まではげてしまう」ため。

道具を使いこなす技術に、現場の経験が加わることで、初めて道具を活かすことができるのです。
※エアコンのお掃除・保管付宅配クリーニングには使用していません。

汚れが落ちる仕組みから学ぶ

そのために研修では、汚れを落とすということを科学的な根拠から教えています。
汚れが落ちる仕組みがわかっていれば、作業品質も作業効率も上がり、
ハウスクリーニングサービスの向上につながります。

研修では、汚れが落ちる原理はもちろん、汚れが落ちない原理まで学びます。
現場で落ちにくい汚れに出会った場合に、
なぜ落ちないのかをお客さまに伝えられることが大切と考えているからです。

TOPに戻るTOPに戻る